読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The NUDE CABLE MAGAZINE

ヌードケーブル「中の人」マガジン

ONLINE STORE |  ABOUT |  BLOG |  SERVICE |  REVIEW |  DEALER |  CONTACT

定番について考えてみる① BOSS DS-1 JAPAN

皆様こんにちは。

変化の目まぐるしい楽器業界に置いて、今なお愛され続ける”定番”

そんな”定番”の商品について、考えてみたいと思います。

(NUDE CABLEもいつかそうなることを願って・・・)

 

そんな中、何人かのプロギタリストの方からこんな話を聞きました。

「結局DS-1が一番すげーよ!」

 

BOSS DS-1

f:id:baysidemusic:20160412094853j:plain

今回中の人が購入したDSー1

 

言わずと知れたロングセラーの名器です。

1972年の発売以降30年間に渡り、歪みエフェクター界に君臨し続ける定番です。

あのProco RATなどにも回路が参考にされているという、最早レジェンドですね。

僕自身2年間程、某御茶ノ水の楽器店にてエフェクターを販売させていただいてました。

現行DS-1の素晴らしさやアンプ・現場を選ばない扱い易さはもちろん存じ上げているのですが

「そういや、ちゃんと弾いたこと無かったな」

という感じでした。

これは今回からの定番シリーズ1回目にふさわしい!

と思い早速購入を決意。

巷では

「初期のJAPAN製は音が違う!良い!」

と噂ですので色々探して見ました。

すると、運良くJAPANの

・銀ネジ(電池交換のスクリューが銀色)初期

・全角ハイフン(DSー1 微妙に長いハイフン)の黒ネジ、恐らく銀→黒の過渡期

が見つかり弾き比べさせていただきました。

更に詳しい話になると、シリアルだったり裏側の”コインネジ”表記だったりとさらに細かくなるので割愛させていただきます。

ググったらこの辺りを詳しく解説して下さっている方がいると思いますので、気になる方は調べてみてください!

で、肝心の結果は・・・

 

「確かに違う!!」

 

現行のものより歪みのジリジリとした部分の下の密度が濃く感じました。

なんというか・・・右手を振り抜いた瞬間のミュート音や弦に当たる瞬間の音の情報量が違うように感じました。

とにかくコードが気持ち良い。

銀ネジの方がファジーな歪み方で過渡期黒ネジの方がディストーションっぽい印象でしたが、ぶっちゃけここは好みでしょうw

僕は後者の方が好みだったので、そちらを買わせていただきました。

ちなみに試奏は

・シングルコイル

・NUDE CABLE

・DS-1

・JC-120

で行いました。

 

「違うってんなら初期の探して買おうかな~。」

なんて思うかもしれませんが、現行のDS-1で全然良いと思います。

正直、今のハイエンド系のディストーションには無い

「時代を作ってきた音」

が鳴っている気がします。

 

正直舐めてました。

こりゃ良いですよ。

すごく良いエフェクターです。

あの時代にこんな良い音のするディストーションを開発・発売したBOSSの皆様の苦労や葛藤に思いを馳せながら弾くと涙が出てきます。

きっとさぞ大変だったでしょう・・・。

尊敬致します!!

 

僕、DSー1大好きです!

 

※最後の

「僕、DSー1大好きです!」

が全角ハイフンなことに気づいたあなた

こちらの世界へようこそ!笑

 

バンドマンがハマる!フリースタイルダンジョンがめっちゃ面白い

今、僕の週1のお楽しみでドハマリしている番組があります。

 

”フリースタイルダンジョン”

 

即興ラップバトルの番組なのですが、これがめちゃくちゃ面白くて。

挑戦者がモンスターを5人抜きすると賞金100万円というとてもわかりやすいルールです。

モンスターは知名度・実績共にある有名なラッパーの方々なのですが、挑戦者もフリースタイルバトルで名を挙げてる方々ばかりで、毎週レベルの高いバトルが見れるのでとても興奮します。

まぁ百聞は一見に如かずということで。

お試し的な感覚で3試合程見てみませんか?

放送終了後にオフィシャルがYoutubeにアップしてくれますのでそこから。

 

まずはこちら

CHICO CARLITO(挑戦者) VS R-指定(モンスター)

www.youtube.com

17分ぐらいからです。

僕のような詳しくない人が見てもハイレベルだとわかるバトル。

これ全部即興なんですよ?笑

「すげーっ!」ってなりません?笑

ちなみにCHICO CARLITOさんは昨年のUMB2015で見事優勝しました。

 

次はこちら

焚巻(挑戦者)vs般若(ラスボス)

www.youtube.com

今までの挑戦者で唯一ラスボス般若と戦った焚巻さんのバトル。

泣けます。

胸が熱くなります。

漢の戦いです。

まるでPRIDEのドン・フライvs高山善廣を見ているような・・・。

言葉のいらない最高の戦いです。

 

最後はこちら

DOTAMA(挑戦者)vsACE(モンスター)

www.youtube.com

11分40秒ぐらいからです。

もう良い子は見ちゃいけませんww

番組史上最高のDis(悪口)とコンプラ(放送禁止用語)の応酬ですww

ROUND2とか色んな意味でヤバいです。

ただ、何度か現場のフリースタイルバトルを見たことがあるのですが

このバトルは一番現場の雰囲気やテンションに近いと思います。

 

いかがでしょうか。

僕はこれ

「ロック」であり「ライブ」

だと思うのです。

その場の空気を把握し、言葉を音に乗せてぶつけ合い、勝負して讃え合う。

単純に「即興でこれ出来んのかよ!」という楽しみもあります。

 

最近気づいたのですが、バンドマンで番組見てる人が異常に多いです(笑)

もし

「番組見てるよ!」

という方や

「これ面白いね!」

と興味を持って下さった方がいましたら是非!僕とお話しましょう!笑

月曜日にやっている楽器整体のついでにでもいかがでしょうか!

なんだったらフリースタイルバトルしましょう(笑)

お待ちしております〜。

 

フリースタイルダンジョンを見ていると、Blanky Jet Cityなどが出ていた

イカ天バンドコンテストってこんな感じだったのかなぁ〜とよく想像します。

バンドもまたこういう番組出てきて欲しいですね!

 

スタッフ 金田

 

 

BlogeerからWordPressへの移行 僕の戦いの記録

こんにちは。

先に言っておきます。

今回は楽器に全然関係ありません(笑)

 

先日、池田代表から突然こんな提案がありました。

「金ちゃん(僕のこと)さぁ〜!俺の個人ブログをWordPressに移行したい!」

僕は二つ返事で

「あ、いいっすね」

と承諾したのですが・・・

 

まさかこんなに大変だとは・・・

 

代表 池田のブログ

音の流れるままに

NUDE CABLE MAGAZINEよりずーっと前から池田が書いているブログ。

とっても分かりやすいアンプのセッティング解説、バンドアンサンブルのコツ、音作りのヒントや機材紹介などの音楽ネタからレトルトカレーの話まで(笑)

このままではもったいない!

 

f:id:baysidemusic:20160319093807p:plain

 

いずれはこのNUDE CABLE MAGAZINEとも一緒に出来ればとの提案で、BloggerからWordPressに移行しよう!となりました。

 

 

Bloggerから移行の大まかな流れをザックリ説明すると

 

・ロリポップでサブドメインを取得

・そのサブドメインにWordPressをインストール

・WordPressに取得したサーバーで登録

・WordPressにブログ移行プラグインをダウンロード

・Bloggerの記事データをXMLファイルで書き出し

Google+から画像データを書き出し

・ダウンロードしたプラグインを使い先ほど書き出した記事データをアップロード

・画像データアップロード、修正

・Google+に許可を申請して正式に移行

 

とまぁこんな感じなんですけど。

ロリポップのサブドメイン取得とそのアドレスへのWordPressのインストールは代表が済ませておいてくれたのですがここからがめちゃくちゃ大変でした。

まずはWordPressに移行ソフトをインストール。

”Import Blogger"

というものにしてみました。

 

次に記事データの書き出し。

Bloggerのバックアップ機能から、記事データをxmlファイルで保存。

このファイルをImport Bloggerにアップロードすれば記事データの移行は完了です。

いざ!

アップロード!

 

・・・。

 

ん・・・!?

 

容量が・・・足りない・・・?

 

Import Bloggerの容量は2M

「音の流れるままに」は・・・3.5M

 

\(^o^)/

 

オワタ・・・無理やて・・・

容量足りないて・・・

ここからはハイパーGoogleタイム。

検索窓にひたすらキーワードを打ち込み、方法を模索。

体力とタバコだけが減っていく。

横を見ると代表が

 

f:id:baysidemusic:20160317215357p:plain

「金ちゃん〜。ボロボロだよ〜。移行出来た〜?」

 

NUDE CABLE楽器整体のやり過ぎで満身創痍・・・。

俺が頑張らなくては!!

2本目の缶コーヒーを開けた、その時!

ある記事を発見しました。

 

「ロリポップサーバーの容量は2Mから20Mに変更出来るよ٩( 'ω' )و」

 

 

 

「先に言えぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!」

 

ってことで早速変更。

・[webツール]から[php設定]を選択

・容量を変えたいサイトの[設定変更]を選択

・[upload_max_filesize]で20Mに変更

WordPressを確認してみると、しっかりと20Mに変更されていました。

やっとxmlファイルをアップロード。

これで記事の移行は完了しました!

 

次はブログの写真です。

現在Bloggerの写真は全てGoogle+のフォトで管理されているので

写真データのバックアップを取る手順で画像データをダウンロード。

容量がかなり大きかったのですが、自動で4分割してくれました。

さすがGoogle先生。

ダウンロードしたzipファイルを解凍。

しっかりと日付や年度順にファイルが分かれていました。

さすがGoogle先生。

このファイルをWordPressのメディアにアップロードすると完了です。

 

いかがだったでしょうか。

僕の戦いの記録。

ハイパー検索タイムを含むと約2〜3時間の戦い。

以上の方法で移行は出来るのですが、たまにURLなどに不具合が発生するらしく

それは手作業で修正するしかないみたいです。

それと、正式移行する場合はGoogle先生に許可を取らないといけないみたいです。

正式に移行が完了しましたら、NUDE CABLE MAGAZINEでもご報告させて頂きます!

 

それでは!

少しでも皆様のご参考になることを願って・・・。

 

 

 

 Blog「音の流れるままに」はこちらからご覧下さい。

 

ひかりのまち 〜3月11日に寄せて〜


ひかりのまち / 中田裕二 directed by 及川謙一

ごめんなさい。

今日という日の為の言葉が見つかりません。

 

涙を流していいのかどうかもわかりません。

 

でも、

無理をしてでも前を見なきゃ。

 

大変だけど、できるだけそう思ってみませんか?

 

ハムバッカーは音がヌケない? 〜レス・ポールなどの音作りのヒント〜

ここ何年かの最近は、ジャズマスターの人気が高いですね〜

ライブハウスに行っても、下手したらストラト人よりジャガー、ジャズマス人が多いときも多々あります。

 

で、更に人口が以外と少ないのは「レス・ポール」

見かける事は見かけるのですが、多分バンプ藤原さんの影響だと思うのですが、レスポールもスタンダードよりスペシャルの方が多かったりします。

 

あれ?

 

なんだかシングルコイル系、多くない?

 

というか、ハムバッカー系が少ない気が。。。。

(でもお仕事きっちりサポートばっちりな多忙な方々はSSHのストラトがやっぱり多いんですよね。)

 

気になったので、ライブハウスで「なぜジャズマス人なの?」って質問してみました。

 

そうしたら、ビックリ。

「ハムバッカーは音が籠ってヌケないからです」

と、言われました。

 

それを聞いて、ちょっと勿体ないという気持ちになってしまいましたので、今日はちょっと解説しましょうね。

 

先ずは

・ハムバッカー、黄金のロックサウンドを知ろう。

時代を牽引し、ある意味ベンチマークになっちゃった音と言えばこれ。


VAN HALEN - Eruption + You Really Got Me (Vynil)

 

これを聞いて頂ければ、ハムバッカーでも籠らない事を理解して頂けると思います。

 

知ったら次は実践です。

以下の事に注意してみましょう。(ロック限定でごめんなさい。)

・先ずはリアピックアップだけから始めよう。

・ピックアップを(ほどほどに)弦から離してみよう。

・エフェクターはディストーション1発、ゲイン少なめレベルほぼMAXでセッティングしてみよう。

・アンプのゲインを上げすぎない。マスターはコシが出るまで上げてみよう。

 

と、まずはこんなところから始めてみましょう。

 

これで出ない場合は楽器の状態に問題がある場合が多いです。

信頼のおけるリペアショップなどでセッティングなどを診てもらいましょう。

ちなみに私も診れますのでお気軽にご相談下さい♪

 

音作りの基本はまず「知る事」です。

きっと今の若い世代は検索するのが上手なので、すぐに歴史を作ったカッコいい音を見つけられると思います!

 

という私はテレキャス人なんですけどねw

 

音作りで迷ったときは、ぜひお気軽にご連絡ください!待ってます♪

 

ikeda-lovemusic.net

 

私がAddictoneのギターをおススメする3つの理由

先日、渋谷にある新興ギターメーカー「アディクトーン」様から楽器整体のご依頼を頂いたので、ちょこっとお邪魔して参りました♪

f:id:baysidemusic:20160221170314j:plain

 

 

今回ご依頼頂いたのは、この3本のストラトでした。

f:id:baysidemusic:20160221170454j:plain

持った瞬間に絶対的な安心感を感じます。

さすがのクオリティです。

 

f:id:baysidemusic:20160221170753j:plain

どの楽器も完成度が高いので、ほとんど整えるだけの簡易整体になってしまいました。

全力を発揮出来ず、若干不満な私です(笑)

 

私、皆様のご想像の通り、年間に触れる楽器の数って半端ないんですよ〜

整体だけで年間300本くらいありますから、オマケを数えたらどんだけー(遠い目)

 

そんな私から、

Addictoneは自信をもっておススメできるギターメーカーです!

まあ、そうはいっても何が良いのか?

 

私が自信を持っておススメする理由を3つピックアップしました。

・徹底した現場主義

代表の渡辺さん自ら現場に楽器を持参し、常に現場のプレイヤーの音と声を伺い、製品にフィードバックさせていらっしゃいます。

これ、私も同じ事してますけど、結構大変なんですよ。

いろんなバイアスも入ってきますので、情報の取捨選択が出来る技術が必要になって来ます。

いつもお話を伺っていると、確固たる軸を感じる事が出来、製品に反映されてるなーっていつも思います。

f:id:baysidemusic:20160221173650j:plain

トップクラスのネック精度

アディクトーンさんも他の同価格帯のメーカーさんに負けない位に木材のクオリティにはコダワリをもって取り組んでいらっしゃいます。

その気合いを分かりやすく感じられるのが、ネックの仕上がりです。

f:id:baysidemusic:20160221172626j:plain

 

いやー、この仕上がり、結構感動しますよ。

写真のネックですけど、私が整体した訳ではなく、初めからこれです。

精度の良さってスペックや数字だけじゃ語れない事も多いんです。

 

多分、握った瞬間にわかりますよ。

「あー!」って(笑)

 

そして最後のポイント

オーナー自らによる客観的な製品チェック

新興ギターメーカーですと、その多くはビルダーの方が代表だったりします。

でもアディクトーンは敏腕のビルダーの方々に製作を依頼し、最終チェックと調整を代表の渡辺さんが行なっております。

 

ミュージシャンの皆様なら分かると思うんですが、レコーディングの際に、トラックダウンとマスタリングを分けた方が、作品に客観性が保たれて、良い結果が出る事が多いというのを体験されてますよね。

 

そう、渡辺さんを例えるなら「作曲&マスタリングエンジニア」ってかんじですかね。

自分で製作すると、温度は高くなりますが、客観性をキープするのってかなり難しいです。

 

アディクトーンのギターに妥協を感じないのは、上記のようなスタイルで製造されているというのも、ひとつポイントだと思います。

 

 

現場でしっかり使える楽器をお探しのプロの皆様、

機会がございましたら是非Addictoneを試してみて下さい!

 

facebookのページもありますので、是非〜♪

f:id:baysidemusic:20160221173852p:plain

バスドラムのチューニングからはじめましょう【バンドの音作りの基本】

先日のブログで「魔法使いだよー」なんて書きましたが、いきなり魔法ネタをひとつ書いてみますね。

 

それは「バスドラムのチューニング」です。

f:id:baysidemusic:20160216135300j:plain

基本的にアンサンブルの一番低い音は「バスドラム」

(ベースの方が低い場合もありますが、その前に先ずはバスドラムから初めて見ましょう)

 

バスドラムの位置(音域)が高いところにあるとベースのアタック、ギターの下に被っちゃって「弦楽器の音作りに支障をきたす」場合が多いです。

 

なのでまずは低い順番に

・バスドラム

・ベース

ってイメージするところから始めましょう。

 

では本題。

バスドラムのチューニングの第一歩。

それはスネアと同じ、「打面のヘッドを均等に張ってみる」ことです。

 

※こちらの記事もご参照下さい。

「【先ずは均等に張りましょう】スネアヘッドはサランラッップ?」

http://naturaloverdrive.blogspot.jp/2014/02/blog-post_20.html

 

先ずはヘッドがたわむ事無く、均等に前後に動く事をイメージしましょう。

あれだけの面積が均等に動けば、低い音の風が「ボーン!」ってフロントヘッドに当たってカッコいい音が出る筈です!

 

先ずはキーなどを意識しないで、テンションボルト付近のヘッドをチューニングキーで叩いてピッチが均等になるようにしましょう。

 

だいたいペダル付近のボルトはいじりにくいので、そこを基準にスタートするのも良いと思います。

 

打面が出来たら次はフロントヘッド。

 

サウンドホールが空いていたりするので「本当に均等でいいの?」と思うかもしれませんが、まずは練習。均等になるようにテンションボルトをまわしてみましょう。

 

これだけでドラマーを含め、他のメンバーの聞こえ方もかなり変わる筈です。

 

ピッチをどう設定するか、打面とフロントヘッドのピッチの関係などはまた今度お話しますね。

 

先ずは素早く均等に張れるようにトライしてみてください☆